会 則

役員・顧問

会長 高渕英夫(八甲田の熊)十和田市

      全国巨樹・巨木林の会会員

    日本北方圏域文化研究会会員

    十和田市文化財保護協会会員

     NPO法人十和田奥入瀬郷づくり大学観光景観学部

     副楽部長

    NPO法人どんぐりの森 山楽校理事

           NPO法人十和田湖未来理事

                十和田山岳振興協議会理事 

 

副会長   山本 光一(田子の小熊)八戸市

(事務局長・兼務)   

              NPO法人 青森県福祉サポート協会  理事長

              シニアの情報誌 しるばにあっぷる   編集長

              八戸市緑の審議会 委員

              環境省 十和田・八甲田地区

            パークボランティア    会員

 

 

理 事  下山 壽 (十和田市) 青森県山岳連盟 元会長 現顧問

           十和田山岳会会長 十和田山岳振興協議会会長

    

     田名部清一 樹木医             (八戸市) 

     釜淵一知  樹木医             (田子町)

                                 全国巨樹・巨木林の会会員

     伊藤武男  日本自然保護協会自然観察指導員 (階上町)

               鳥谷部保  環境省十和田・八甲田パークボラ

                ンティア        (八戸市)

               小沢純二  全国巨樹・巨木林の会 会員      (十和田市)

                                 十和田市生活環境保全審議会委員

     岡本喜栄作 元青森県山岳連盟副会長 現顧問 (七戸町)

 

 

 顧 問      盛田 稔  青森県文化財保護協会会長    (七戸町)

                                 青森山田学園特別名誉顧問

           元・青森大学学長

                                 社会福祉法人 美土里会理事長

                

     高橋 弘  全国巨樹・巨木林の会事務局  (東京都)

           日本火山学会     会員

           日本北方圏域文化研究会 会員

           東京巨樹の会      主宰

           巨樹写真家

               石田 清  弘前大学農学生命科学部 准教授 (弘前市)

           日本北方圏域文化研究会  理事

 

 

会 員 (青森県)       (県外)      (2011年3月現在)     

     八戸市   30名    東京都 1名 

     十和田市  28名    福島県 1名 

     階上町   7名    佐賀県 2名

     三沢市   7名        秋田県 2名

     七戸町   1名    徳島県   1名

     南部町   1名    北海道 2名

     大間町   1名    岩手県   4名  

     東通村   1名        福岡県 1名    

     青森市   1名   合計 102名

     弘前市   2名

     深浦町   3名

     三戸町   1名 

     田子町   3名

               おいらせ町 2名

 

 

 

           東北巨木調査研究会 
             (会 則)
 第1条  (名称)
    本会の名称を東北巨木調査研究会と称す。


第2条    (事務局) 
    本会は、次に置く。

 青森県八戸市大字田向字毘沙門2-2 NPO法人青森県福祉サポート協会内

 東北東北巨木調査研究会 事務局 


第3条  (入会資格)

 本会は、原則としてNPO法人青森県福祉サポート協会会員を以て組織する。

 

第4条    (目的及び事業)
    本会は、東北にある巨木の調査研究をとおして、地域への提言・助言などを行い巨木の環境保護の向上を図ることを目的とし、事業として巨木調査会 、探索会、情報交換会、巨木めぐり、情報誌・新聞などへの情報提供等を目的とする。


第5条    (役員)

1 本会運営のために、次の役員を置く。役員の任期は、2年とし、再任を妨げない。また、会費を徴収しない顧問をおくことができる。
            会 長     1名
                    副会長   2名
                                理事  若干名

2 各役員の職務は次のとおりとする。
               会長は、本会を代表して会を総括し、会議を招集し議長を務める。
               副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時はこれを代行する。
     理事は、会長・副会長を補佐し運営に係わる担当を務める。

 

第6条 (顧問)

  本会は顧問をおくことができる。

 ・顧問は、理事会の過半数以上の同意を得て、会長が委嘱する。

 ・顧問は、会長の諮問に応じて意見を述べ、会議に出席し意見を述べることができる。

 

第7条   (会議)
    本会の会議は、理事会、運営会議とし、理事会は年1回。運営会議は必要に応じ開催し、会員はだれでも参加できる。


第8条    (定足数)
     本会の会議は、出席数の過半数の出席で成立する。


第9条    (運営)
    本会の運営は、NPO法人青森県福祉サポート協会(東北巨木調査研究会)会員から徴収する会費をもってあてる。(正会員3,000円・賛助会員1,000円)


第10条    (会費)
    本会の会計年度は、NPO法人青森県福祉サポート協会に加入した日から1年間とする。巨木情報が掲載されているシニアの情報誌「しるばにあっぷる」(無料・年6回)の送付手数料などにあてる。 
会議・懇親会・巨木めぐりなど実施の際は、そのつど実費を徴収する。


第11条  (変更)
   この会則は、
 理事会において、出席者の3分の2以上の承認があれば変更できる。  
      付則    この会則は、平成 22年 3月 1日から施行する。